HOME > 舞台&展示会『MU、短編演劇のあゆみとビジュアル展』/モリサキミキ

舞台&展示会『MU、短編演劇のあゆみとビジュアル展』/モリサキミキ

モリサキミキが舞台に出演致します。

 

『MU、短編演劇のあゆみとビジュアル展』
※展示内パフォーマンス上演作品『戦争に行って来た』『その好きは通らない』『MY SWEET BOOTLEG』
2016年4月21日(木)- 5月2日(月)

会場:東京芸術劇場アトリエイースト



▪︎MU 初の展示会(introduction)

「小説のように短編があってもいいはずだ」「短編独自のエッジ、尾をひく余韻が欲しい」と、短編演劇から活動を開始したMU。脚本・演出のハセガワアユムは長編も挟みつつもコンスタントに短編を発表し続け、約8年間でその数は30編以上に及ぶ。それらのフライヤー、ポスター、戯曲、舞台写真、小道具、衣装、参考資料、書き込まれぼろぼろとなった台本、映像などを展示してアーカイブ。近年MUに触れた方や未見の方も追いつけるように、そして追いかけて来てくれた方には感慨深い、そのあゆみを「展示会」として開催。

さらに再び時勢にマッチしてきた、戦場カメラマンの真偽をファミレスで問う『戦争に行って来た』(2007、2009より再々演となる代表作・文芸社ビジュアルアート星の戯曲賞受賞作)、漫画家が同人誌を描いている腐女子と格闘し行き着く果て 『MY SWEET BOOTLEG』(2012)、会社で肩身の狭い喫煙族たちの小さな談笑と相性占いが渦を巻く『その好きは通らない』(2014、2016)の傑出した短編3編もパフォーマンスする。






MU・・・ムー。2007年より東京を中心に活動。ハセガワアユムの尖った会話劇を武器に、ありえない設定であり得る物語を紡ぐ。2014年『狂犬百景』を機に三鷹市芸術文化振興財団・星のホール MITAKA “Next” Selection 2016 に選ばれる。2015年『少年は銃を抱く』で第21回劇作家協会新人戯曲賞最終ノミネートなど躍進。フライヤーのビジュアルと劇場で起きる笑いのギャップに驚かれるが、その両輪そのものが魅力。


▪︎All direction

ハセガワアユム(MU)


▪︎参加俳優

古屋敷悠(MU)
青木友哉
古市みみ
福原冠(範宙遊泳)
井神沙恵
村上航(猫のホテル)
加藤隆浩
三原一太(はらぺこペンギン!)
大森茉利子(あやめ十八番)
小崎愛美理(フロアトポロジー)
蒻崎今日子(JACROW)
モリサキミキ
太田守信(エムキチビート/黒薔薇少女地獄)
成川知也


▪︎パフォーマンス上演作品&タイムテーブル

《A》『戦争に行って来た』&『その好きは通らない』
福原冠(範宙遊泳)、青木友哉、古市みみ、井神沙恵、村上航(猫のホテル)
三原一太(はらぺこペンギン!)、加藤隆浩、大森茉利子(あやめ十八番)

《B》『MY SWEET BOOTLEG』
古屋敷悠(MU)、小崎愛美理(フロアトポロジー)、蒻崎今日子(JACROW)
モリサキミキ、太田守信(エムキチビート/黒薔薇少女地獄)、成川知也

2016年4月
21(木)19:30 A ※プレビュー割引
22(金)19:30 B ※プレビュー割引
23(土)14:00 B /19:00 A
24(日)14:00 B /19:00 A
25(月)休館日
26(火)19:30 A
27(水)19:30 A
28(木)19:30 A
29(金・祝)19:30 B
30(土)14:00 A /19:00 B
5/1(日)14:00 B /19:00 A
5/2(月)13:00 B

・モリサキミキはBに出演致します。


※上演時間は80分前後を予定。
※開場は上記開演時間の30分前。
※パフォーマンス時間帯は有料の方のみ入場可能。


■チケット
⚪︎展示:無料
チケットレスでご自由にご鑑賞戴けます。
展示時間帯:平日14時30分〜21時30分/土日祝日11時30分〜21時30分
日により多少変動する際はwebと会場にてアナウンス致します。
※パフォーマンス開演時間90分前より入場不可。

⚪︎パフォーマンス(上演)
前売:3000円(自由席・上演シナリオの電子書籍付)
前売:3500円(選べる指定席・上演シナリオの電子書籍付)
当日:3000円(桟敷席の可能性もあり・上演シナリオの電子書籍付)
U-24割引:2500円(24歳以下割引適用、要身分証・上演シナリオの電子書籍付)
高校生以下一律:1000円(枚数限定・要学生証・上演シナリオの電子書籍付)
※21日&22日のプレビュー割引は一律500円OFF(高校生以下除く)

チケット購入、その他詳細は

MU 公式サイトにてご確認ください。