HOME > 舞台「漫劇!! 手塚治虫 第三巻」/大鷹猛之 堀内竜也

舞台「漫劇!! 手塚治虫 第三巻」/大鷹猛之 堀内竜也

漫劇!! 手塚治虫 第三巻
The Fusion of Comics & Theater

手塚治虫氏の珠玉の名作が演劇で甦る
漫画と演劇の融合をコンセプトに生まれた演劇集団『漫劇!!』
手塚先生の漫画の中で、生身の役者が躍動する! いよいよ第三弾、公演決定!!
 
日時:2016.2.26Fri~28Sun
劇場:池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER
 
演目:
1.苦情銀行2016
2.そこに指が
3.生けにえ
4.人面瘡(「ブラック・ジャック」より)
 
原作・イラスト:手塚治虫 ⓒ手塚プロダクション
脚本:山田氣三郎/神谷崇
演出:工藤龍生
舞台監督:正田達也
照明:朴秀徳
音響:安部聡
振付:鈴木魅穂子
プロジェクション:榊原唯織
小道具:しど
制作・主催:HAT
製作:漫劇製作委員会
協力:手塚プロダクション/スチール・ウッド・ガーデン/TUFF STUFF/ボイスアクターズスタイル/Mousa/早稲田大学ヒューマノイド研究所

お問合せ:03-6303-9024(HAT)
ご予約:mail@human-art-theater.jp 
 
演目内容:
1.苦情銀行2016(「苦情銀行」より)
(1969年12月号 サンデー毎日読物専科 掲載)
苦情銀行から来たと言う謎の男は倦怠期の夫婦にどんな苦情もエネルギーに変えて保管する人形渡す。その人形が国民の間で引っ張りだこになりやがて…。
2.そこに指が
(1963年6月号 SFマガジン 掲載)
BARで呑む神父、医者、娘は、ある特殊な状況に身を置かれていた。3人が畏れていたものとは…?
3.生けにえ
(1970年3月18日号 週刊少年チャンピオン 掲載)
生けにえにされる少女が神に念じた願いとは10年間だけ平凡に暮らしたいという事だった。
果たし彼女の運命は…?
4.人面瘡(「ブラック・ジャック」より)
(1975年7月21日号 週刊少年チャンピオン 掲載)
醜くも美しい三体の人面瘡がブラックジャックと織り成す人間ドラマ。
ロボットと特殊メイクの融合で人面瘡が動き出す。

CAST:
内山真琴
大鷹猛之
小嶋乃愛
斉藤捷吾
島田梓
田中愛
妹尾寛華
塚本美玲
仲宗根正貴
林亜佑美
聖川まお
平島夢花
堀内竜也
松原愛菜
三上真依
宮崎利貴
渡辺太喜
山口由規乃
梦葉しの
 
地図:池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER

 
チケット情報:
【前売り】5,000円【当日】5,500円(全席自由・日時指定)

公演スケジュール:
2月26日(金)
19:00

2月27日(土)
13:00/18:00

2月28日(日)
13:00

上記日程は開演時間となります。
受付開始・開場は開演の30分前となります。
開演5分前に予約を解除させて頂きます。
遅刻の場合、ご入場頂けない場合もございますのでご了承下さい。
5歳未満の未就学児のご入場はご遠慮下さい。
皆様のご来場心よりお待ち申し上げます。

 

公式サイトはこちら!